トップ ソフト 雑記 日記 リンク

2019年3月3日日曜日

システム稼働状況ページを作った

Service status osa-p.net を作った話。

元々、zabbixでシステムの状況はモニタリングしているのだが、それを外部に公開する仕組みを用意していなかった。zabbixのページをそのまま公開したくなかったので、必要な情報だけ抽出して表示できる仕組みが欲しかった。


SNSでつぶやいてみると

UptimeRobotというサービスを紹介してもらえた。

早速設定してみたところ、格好良い稼働状況ページが出来上がったのだが、うちのシステム上、ウェブサーバとデータベースが分離しており、データベースを使う処理は動かないが、ウェブサーバだけで完結する処理は動くという状況があり得て、その表示がしにくいなと感じた。

そこで、やはり自前で処理を作るかと、ついでに使ったことのなかったVueも試しに取り入れてみた。普段仕事でもまだまだjQueryを使うことが多く、また思い付いたサービスを個人で作るときにも早く公開したくて慣れているjQueryを使ってしまうことが多い。今回は急ぐものでもなかったので、サンプル程度しか動かしたことのなかったVueを使ってみた。といっても、やはりサンプルの継ぎはぎではあるのだけど。

処理自体は問題無くできて、さて公開するかというところで問題があった。
稼働状況ページは、自分が管理しているシステムの中で動かしてしまうと、一緒に落ちたときに肝心の状況が見えなくなってしまうので、公開ページは別のサービスで動かしたかった。まず最初に選んだのがS3で、ここでは静的サイトを公開する情報も整っていたので簡単に設定して公開。あとはネームサーバとして使っているCloudflareでCNAMEを張ってやれば動くだろうと考えていた。

実際に公開してみたところ、httpでは繋がるのだが、httpsでは接続ができなかった。S3の公開では、「https://S3ドメイン/バケット名/」だとhttpsが使えるのだが「https://バケット名.s3ドメイン」ではhttpsが使えない。Cloudflare側でHTTP Proxyを有効にしていたら、オリジンサーバーがhttpでも使えたような記憶があったのだけど、どうも上手く行かないので間にCloudFrontを挟んでhttpsでも繋がるようになった。

しかし別の問題が発生した。ページの作りとしては、zabbixから出力したSLAの情報をS3に5分毎にアップロードし、静的ページ側でそれを読み込んで表示する。CloudFrontは読み込んだ情報をキャッシュしてしまうので、いつまでも古い情報が表示されてしまうのだ。もちろんCloudFrontの設定にも用意されているので、TTLの設定を5分にしてみたり、クエリが付いていたらキャッシュしない設定にしたり、キャッシュをクリアしてみたりしたのだが、どうにも解消できなかった。

結局Netlifyで静的ページ部分を配信しつつ、データはS3から読み込むという仕組みで解決した。このやり方ならGitHub Pagesでも大丈夫だろうが、最初すべてをGitHub Pagesで配信しようと考えてしまい、5分毎にコミットとプッシュをしたら怒られそうだなと思って頭の中からGitHubを使うことを取り除いてしまっていた。

ひとまず大枠の仕組みが完成したので、これを応用して、zabbixに入力したメンテナンス情報を各サービスで表示したり、自動でメンテモードに切り替えたりもできるだろう。今はデータベースを止めるメンテナンスがあるときに、各サービスのcronを止めたり、フラグを立てたりと手動で処理してアクセスが止んだのを確認してから作業したりしているので、この辺りも自動化してしまいたいと考えている。



0 件のコメント:

コメントを投稿

広告