トップ ソフト 雑記 日記 リンク

2007年11月30日金曜日

猫舌

猫舌は飲み方の違いらしい。
http://detta.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/dtmsk/dtmsk.cgi?page=0#2990
(infoseekのcgiディレクトリなので直リンできん。ブラウザのURL欄へコピペしてください。(この仕様やめて欲しいな))

リンク先によると、舌先が下の歯に当たっているかどうか、らしい。

けどさぁ、舌の先が「熱い」って言ってるのにそれを無視して飲むのは危険じゃないか?
要は指に針が刺さって皮膚が「痛い」って言ってるのに、さらに押し込むような物なんじゃないの?
ちゃんと体の防衛機能が働いているんなら、そこは本能に従うべきだと思うのだ。

というか、今日の昼食でコーヒーを飲むときに試してみたけど、やっぱり舌をやけどした。
飲めないことはないけど、舌の中央部がひりひりしている。
猫舌じゃない人は舌をやけどしないの?
で、wikipediaの「猫舌」を見てみると
通常の人より舌や上顎など口腔内の温感神経が敏感であること、口腔内の粘膜が弱く、上顎や歯肉に熱傷による水疱が出来やすいことが原因
とある。
つまり、「口腔内の粘膜が弱い」ことを本能的に「神経が敏感」になることで防衛しているのであって、猫舌でありながら無理して熱いものを食べるのはよくないとと思うのだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

広告