トップ ソフト 雑記 日記 リンク

2006年9月9日土曜日

ウイルス

久々にウイルスに感染してしまった。
気がついたのは昨日の帰宅後。
ブラウザでネットサーフィンしていたら、ウイルスバスター2006のアイコンが「送信メールをチェックしました」というバルーンを出した。
なにもメールを送ってないのに…と思ったら、ぽこぽこと同じバルーンが…。
あわわわ、スパムメール発信機になってる?
あわててモデムのケーブルを引っこ抜き、ウイルスチェックをしようかと思ったが、長いこと低速回線で常時接続ではなかったので、ウイルスバスターの自動アップデートをOFFにしてた。
つまり最新版のパターンファイルではないので、チェックに引っかからない。

とりあえずネットに繋がないといけないのだが、ダイヤルアップを認識してるようで、willcomを接続した途端にメール送信が始まる。
タスク一覧をみると、\Documents and Setting\ユーザ名\Local Setting\Tempにあるぁゃιぃ実行ファイルが動いていることが判明。
該当のプロセスを殺してネットに繋ぐと、どうやら大丈夫っぽい。

つぎにウイルスバスターのアップデートをしようとしても、失敗してしまう。
調べてみると、ネットワークにつなげだの基本的なことばかり。ネットに繋がってなかったら、この文章見えないっての。
あとはウイルスがアップデートを阻止することがあるとか。

とりあえずオンラインスキャンでWORM_PODBOT.AIを発見。
手作業で駆除して再度アップデートをしようとしたんですが、やっぱり失敗。
ネットワークの状況を観察してみると、アップデートのプログラムは 202.183.81.6 に繋ぎに行こうとしてつながらない。
そのサーバをブラウザでみると真っ白の画面が出てきて、一応接続はしている。

うーむ、原因が分からず、説明を見てたらプロキシが設定してあるとダメとか。
そこでピンときて、プロキシは設定してなかったけど、公開プロキシをあえて設定したら、アップデート接続に成功。
これって、willcomからの接続が出来ないってことかいな?
あと、esupport.trendmicro.co.jp もサーバが見つからないんだけど、トレンドマイクロのサイト内からもたくさんリンク張ったままだし。なんなんだろう。
アップデートできない問題だけは何とかしたいなぁ。
光が開通したら繋がるようになるんだろうか?(そんなわけはないと思いつつ)

ちなみに、WORM_PODBOT.AIは8月中旬ごろのパターンファイルから対応しているらしい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

広告