トップ ソフト 雑記 日記 リンク

2017年5月18日木曜日

スパムアプリの注意点

Twitterで猛威を振るっているスパムアプリですが、注意喚起ページに余り長々と書くと、どうやらそれだけで拒否反応が出るようで、アプリ解除を面倒に感じて放置し、新しいアカウントを作る人が多々居るようです。

またいくつかの媒体が「○○というツイートに注意」と注意を呼びかける記事を出してくれていますが、少し書き足りない部分があります。
そこで、もう少し詳しい注意点をこちらにもまとめておきます。

まず大量にある複数のスパムアプリは、「同一の人物(団体)」 が運営しています。
これらのアプリは、お互いを紹介しあっています。
そのため、どれか一つのツイート内容に注意するというのは得策ではありません。
一つの内容に注意すると、別の内容に騙されます。

ではどうやって注意すれば良いのか。
これらのアプリがツイートする宣伝リンクをクリックすると、ある特徴が有ります。
アプリの紹介ページなどがなく、いきなりアプリ認証の画面が開くのです。
中には、「もう一度リロードして」と短い文章を表示するアプリなどもあります。
目立つ特徴としては、アプリがどういうものか説明するページが無いということです。


ツイート権限を要求するアプリが悪者だ!という声も見かけましたが、ツイートを要求する=すぐに悪者というわけではありません。そのアプリがどういう動作のためにツイート権限を要求しているか確認しましょう。
また、おかしなツイートを見かけたら、アプリ名表示に対応しているクライアントを使ってみるのも良いかもしれません。(誰かまとめて欲しい)

特徴を理解して、アプリ認証の画面が出てきたら注意しましょう。

P.S.同一人物(団体)が運営と書きましたが、注意が必要なアプリを注意深く観察していると、お互いに紹介をしあわないアプリがあります。現在三グループほどの運営者がいるようです。

スパムツイートをしているアプリの広告について調べてみた(その1・株式会社ビケンコ)

Twitterで猛威を振るっているスパムアプリですが、どういう広告をしているのか調べてみました。
いくつかあるので、気が向いたときに順番に紹介していこうと思います。

アフィリエイトなどが多いので、実際に営業を展開されている企業さんは、こういう実態に気が付かないまま自社の評判を落としてしまっている可能性があります。
アフィリエイトの支払いを停止すれば、こういう悪質な方法をする旨みが無くなりますし、企業としてもよい評価になるのではないでしょうか。

株式会社ビケンコ HappyMagic
よく見かけるツイートが「痩せた」というツイート。
「ブロックされているIDを表示ったー」
「BRったー」
「ブロIDわかるったー.」
などがツイートしていますが、スパムアプリ群は3グループほど確認しているため、数百のアプリが同様のツイートをしていると思われます。

ここでツイートされているリンク bit.ly/2km648V は、以下のように a-kirei.com/beauty/440/ へ繋がっています。
a-kirei.com は美容関係のブログのようですが、基本的にはほとんどの記事が何かの製品を紹介するようになっています。ただ気になるのは記事には購入ページへのボタン画像を付けているのですが、リンクが張られていないものがかなり多いです。
リンク先の a-kirei.com/beauty/440/のページは、ツイート通り痩せる商品の紹介となっています。

この記事にある申し込みページへのボタンは、 bikenko-cosme.jp/1754 へのリンクとなっていて、クリックすると bikenko-cosme.jp/shopping/lp.php?p=happym_white&adcd=cadopb1iypt へ飛びます。
このアドレスで、アフィリエイターを識別しているのでしょう。

そうなると、a-kirei.comの運営者がスパムアプリ運営者に対して広告を依頼したか、a-kirei.comの運営者とスパムアプリ運営者が同一である可能性があります。

重ねて申し上げますが、株式会社ビケンコがa-kirei.comの運営者に対してこのような広告方法を認めないようにすれば、Twitterの平和ひいては貴社の評判にも繋がるのではないかと思います。

bit.lyのリンク作成日から見ても、2017年2月14日で、拙作ぶろるっくに対するリダイレクトが始まった日に近いです。三ヶ月近く経ちましたが、いまだに続いている状態です。
なお、広告が流れなくなったことが確認できたら、この記事についても修正を行い、販売企業が対応を行ってくれた素晴らしい会社であるという表記に変更いたします。
一度お問い合わせからメールを送ったのですが、反応が無かったので、この記事を作成しました。

広告