トップ ソフト 雑記 日記 リンク

2007年9月12日水曜日

政局

gdgdだなぁ(笑)
最後まで空気の読めない人だという印象しか残らなかったなぁ(´・ω・`)

ニュー速+スレの勢いが11万とかなっててワラタ。

とりあえず景気回復をがんばってくれ…

5 件のコメント:

  1. これ難しいよな。例えば、今までAという戦略でやってきて改革という名の下のBの戦略に変わりました。そして、Bという戦略の継続を1年間行ったけど、大半の国民がBの戦略ではダメと突き放したわけだ。ということは、国民は以前のAという戦略を望んでいるのか、それとも新しいCという戦略を作って欲しいのか、ということになるな。え?ならない?w

    返信削除
  2. 結局そこは投票率が表してるんじゃないかなぁ。
    民主党は「これが国民の総意だ」って息巻いてるけど、実質民主党に入れた人は、投票権を持っている人の中から半数ほどの投票に行った人の中のさらに一部の人の意見だしな。
    棄権した人は「どうなってもいい」であって、第一党になった党を支持しているわけではないからなぁ。
    やっぱり、ここは「投票権があるのに投票に行かなかった人だけ税金2倍」とかいう公約を打ち出してくれたら、国民の意見がわかりやすくなっていいんじゃないかと思うな。

    しかし、いままで「辞めろ辞めろ」と言ってきた野党が、辞めたとたんに「無責任だ」って言ってるのは笑った。

    返信削除
  3. なるほど、卿(けい)が言うには少なくとも国民の総意とは言えないと。
    でも、投票に行かなかった人はそれはそれでいいんじゃないか?打ち出した政策を吟味して
    良くわかった者だけが投票したほうがいいような気がする。無関心な人間が何も知らずに投票すると
    かえって国民の総意とは逆の道に走る可能性だってあると思う。

    返信削除
  4. まあこの国には、よくわからなくても、利権や所属する組織の意見などで投票する人が山のようにいるからね。
    某宗教団体の人で某政党以外に入れる人って居るのかしらん。

    >無関心な人間が何も知らずに投票するとかえって国民の総意とは逆の道に走る可能性
    だからこそ、無関心な人だけ不利になる法案を作れば、全員が関心を持つようになるんじゃないの?というお話。
    権利と義務がごっちゃになってるけど、単に絵空事なので。真剣にそうしないといけないとか思ってるわけではないけども。

    返信削除
  5. ふむ、なるほどな。

    返信削除

広告