トップ ソフト 雑記 日記 リンク

2007年9月20日木曜日

最近マシンのセットアップばかりしているような気が

事務所で使っているマシンのハードディスクが壊れた。
昨日の終わり頃に「カッコンカッコン」という聞き覚えのある嫌な音が鳴り出して、とりあえず今日、家で余っていたドライブを交換用として持って行った。
Partition Logicというフリーでパーティション操作をするツールがあったので、それもCD-Rに焼いて持って行った。
Partition Logicはダイナミックディスクも認識してくれた。
ほかの有料ツールも探してみたけど、ダイナミックディスクは非対応か、一旦ベーシックディスクに戻してから操作するとか、そんなのばかりだったけど、Partition Logicは余裕で対応。
早速持って行ったドライブにパーティションコピーを開始。

…しかし、途中で読み出しエラーで止まってしまった。
仕方ない。スキャンディスクで不良セクタになるぶんは諦めて、生きてるデータだけでも救いだそう。と、もう一度Windowsを立ち上げてchkdskコマンドで起動時にチェックする予約を入れ、再起動。

…しなかった。
ヽ(`Д´)ノウワーン
久々にこの顔文字使ったような気がするぜ。
どうにもこうにもWindowsが起動しない。異音がしているわけではないのだが、BIOSを通過して、ディスクから最初のプログラムを読み込むところで止まっているような感じ。
Partition Logicでは、まだパーティションを認識しているので、データに深刻なダメージはないはず。

この時点でこのシステムの復旧を諦めて、持ってきたドライブをプライマリに、いままでのドライブをセカンダリにまわして、新しくOSをインストール。
ついでにWindows2000からWindowsXPにしてみた。
一通りの環境を整えてみたけど、なんか快適に動いているような気がするよ。やっぱり時々システムは入れ直さないとあかんのかねぇ。
でもWindowsのインストール時に、旧ドライブには「このドライブにはインストールできません」みたいな文章が表示されていた。

なんとかなるだろうと思いつつインストールが完了し、アプリケーションも一通り入ったので、データだけサルベージしようと、壊れたディスクにアクセスしに行くと…ドライブがない。
「コンピュータの管理」の「ディスク管理」にすらドライブが居ない。
ヽ(`Д´)ノウワーン 本日二回目
パーティション情報が壊れたみたい。

いろいろ調べてみると、TestDiskというツールでパーティションの復元ができるらしい。
このツールはディスクをベタ読みして、パーティション情報の予想をしつつ復元してくれるらしい。
早速走らせてみると、かなり時間はかかったけど、ダイナミックディスクだったパーティションもちゃんと識別して、ドライブのパーティション情報が復元。すばらしい。
再起動して旧ドライブを見に行ってみると…ファイルがない。フォーマットしますか、とか聞いてくる。
ヽ(`Д´)ノウワーン

うーん、ドライブは認識するようになったので、もう一回チェックディスクか。
と、今度こそ(よく考えたら、今回のトラブルになってから初めての)チェックディスクをかける。
エラーが出まくりつつ、もうドライブの代替セクタすらもう無いようで、空き領域がないから復旧できないとかいわれる。

昔、FINAL DATA 2.0 特別復元版を買っていたのを思い出して、ネットを探してみるがもう新しいバージョンが出ているのか古いバージョンがダウンロードできない。アップデータはあるのに!シリアルも手元にあるのに!メディアは実家なんだよ orz
とりあえずFINAL DATA 2007の体験版で認識するかどうか、走らせて帰ってきた。
まあ大事なデータはぜんぶファイルサーバにあるから、別に問題ないんだけどな。
クライアントにしか置いてないファイルって、メールデータぐらいで。

メールデータもネットで運用するかなぁ。
gmailがもうちょっとかゆいところに手が届けばいいのだが。現状スパムフィルタが強力なのと容量が大きいぐらいだからなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

広告