トップ ソフト 雑記 日記 リンク

2006年8月28日月曜日

レスキュー係

父親から「日曜の雷のあとからパソコン立ち上がらない」という連絡を受けてひとまず診察。
専門学校の時に買ったGATEWAY SOLOを親父にあげて、いまは仕事に使っている。

スイッチを入れると普通に立ち上がる。
システムログをみるとディスクをアクセスしに行ったときに壊れたセクタがあるっぽい。
しばらく使っているとウイルスバスターの自動更新が動き出して、ディスクのアクセスランプが光ったまま固まった。
ううーむ。

仕方なく再起動。
Windows2000の起動画面でアクセスランプが光ったまま固まる。
耳を近づけてみるとなんとなーく嫌な音が聞こえてくる。
Windows2000のCD-ROMで起動して回復コンソールからCHKDSK。
時間かかりそうだ…。

父親が使うと壊れやすいような気がするのは気のせいか。

(29日 1時16分 更新)
回復コンソールですら「ボリュームで問題が1つ以上あります」という表示だけして修復を放棄。
色々試していると、冷えている間は何とか動くっぽい。
しばらく動いて、自身の熱で暖まってくると動かなくなる。
ううーむ。
とりあえず冷房をがんがんに当てて、必要なデータを抜き出すとするか。

去年の3月にヤマダ電機で買ったメルコのディスクなんだが、今年の3月で保証切れてるのな。
せめて2年はもって欲しいよなぁ。

(29日 1時45分 更新)
冷やしてても無理だ。CHKDSKで認識しないものはしねぇ。
Windowsも起動中のロゴ画面で暖まってしまってブルーバックへ。
暖まる前に別のマシンから少しずつ吸い出すしかないけど、つなげられるようなマシン、サーバしかねぇよ。
週末に時間とって作業かのぅ(´Д`)

0 件のコメント:

コメントを投稿

広告