トップ ソフト 雑記 日記 リンク

2006年5月10日水曜日

Wii vs PS3 vs 360

E3の任天堂プレスカンファレンスを見てました。
すごいなぁ。
今まで両手で持っていたコントローラだったけど、左右の手が別々になることで、可能性があそこまで広がるとは。
ロンチタイトル(本体と同時発売になるソフト)が27本て。選びたい放題ですなぁ。

対して昨日発表のあったPS3。
なんですか?6万円って。しかもそれでも機能が削られまくっているバージョンだし、高機能バージョンはオープンプライスって。
やっとすべてを発表できた――SCE久夛良木健氏プレスイベント直後インタビュー
また、気になる価格について久夛良木氏は、「安すぎたかも」とそれぞれ内包する技術や原価を考慮した発言をする。久夛良木氏はプレイステーション 2(PS2)の発売時を振り返り、「これはPS3の価格です。高いとか安いとか、“ゲーム機として”というくくりでは考えてほしくないんです。PS3というものは他にはないわけですから。例えば、高級なレストランで食事をした時の代金と、社員食堂での食事の代金を比べるのはナンセンスですよね? これは極端な例ですが、まさにそういうことなのです。そのゲーム機で何ができるか、というのが問題なのです。すばらしい体験ができるのなら、価格は問題じゃないと考えています。
この人はPSPの時も同じようなことを言っていたけど、頭大丈夫なんだろうか?

6万円という価格設定が、誰に向けている物なのか。
子供は絶対買えないし、子供に頼まれた親でも無理だろう。
学生は無理だし、アルバイターでも厳しいよな。
社会人は6万円でほかに満足できることを知っているし。
6万円で高画質BDの再生が出来ないなんて、BD普及の足がかりにすらならないじゃないか(苦笑)

海外では360が一人勝ちになってしまうんだろうなぁ。
俺はHALOさえ出来ればそれで良いのだが…。
というか早くパソコン版HALO2出してください…。

0 件のコメント:

コメントを投稿

広告