トップ ソフト 雑記 日記 リンク

2005年5月7日土曜日

楽天の水増し会員

インフォシークが楽天に買収されて久しいですが、インフォシークの会員が楽天のIDを与えられて楽天のサービスも使えるようになったと。
楽天で買い物をするとポイントが蓄積され、インフォシークでもサービスによってポイントが発行される。インフォシークのポイントは楽天のポイントに移行できるけど、逆は出来ない。

んで両方の会員になってた人はポイントが散らばるので一つにまとめたいんだけど、どうするのか。
あちこちのページを探したのですが見つからず、サポートに聞いてみた。
回答を簡単にまとめると、データの統合が出来ないそうで。
楽天ID間のポイントやりとりも無理。

結局2つの楽天IDに別々のポイントが蓄積されていくわけで、激しく使いにくい。何のための統合なのかと。

2005年4月18日の日経流通新聞『楽天会長兼社長三木谷浩史さん――3000万会員が資産』て記事で「三木谷浩史会長兼社長は「3000万人近い会員データベースを使った事業展開はまだ二合目」とグループ戦略の手綱を引き締める。」なんて書かれています。
うーん、会員3000万人と3000万IDは別もんだけどなぁ。
特にインフォシークはWeb系サービスのために複数のIDを持っている人が結構にいると思うんだけど、要は楽天IDはたくさんあっても使われない「死にID」が大量にあるだけのような気がするんだが。

…つかID統合は無理にしてもポイントやりとりぐらいはさせて欲しいな。そしたらもっとポイントも有効活用されて楽天市場の利用も伸びるんじゃないかと思うのだが。

0 件のコメント:

コメントを投稿

広告