トップ ソフト 雑記 日記 リンク

2000年5月28日日曜日

証拠キャプチャ当ページはSurfersparadiseの相互リンク倶楽部に加盟しているのですが、初めて他の方のページに自分のリンクが表示されているのを見ました。
Hyoi's House Leavesそれもファンのひょいさんのページ「Hyoi's House Leaves」でした。
面白いページですので、ぜひどうぞ~。

2000年5月26日金曜日

今日は某社の説明会へ行ってきました。
とてもアットホームで、なんか魅力的でした。ほんとにそうなのか、術にはまったのか(笑)

原因不明で止まっていたプロジェクトも動きました。
人のコードを信用しちゃいかんね。つくづく思い知らされました。もっと勉強して自分でライブラリぐらい書ければいいのですが、さすがに時間がないです。
やはりプログラマーは二人は欲しいです。

あと、MNGに興味を持つ。
マスコットウィンドウ2用のファイル形式を作成しているのですが、いろいろやりたいことがあって拡張していくと、何とも扱いにくい形式になってしまいました。
チャンクにしてもっと柔軟性を持たせた方がいいのかなあ。
もともと、GIF形式対応の声は多かったのですが、UNISYSがバカなことするから手が出せません。
そこで新たに生まれたMNG。
そろそろソフトもちらほらと見え始め、制作環境が出来つつあるこのファイルフォーマットをサポートすれば、テクノロジーの先端だっ!!、なーんて簡単なわけにもいかず、英文の仕様書と格闘中。

2000年5月24日水曜日

パソコンが里帰りしていきました。
リモートデバッグが出来なくなったので、開発がかなり非効率になってしまいました。
おまけに、月曜から原因不明の不具合(場所と理由は分かったのだが、その理由に至る原因が分からない)に悩まされ、全然進んでいません。
うーむ、泥沼化しています。

2000年5月22日月曜日

ノートパソコンを修理に出すのに、自宅と学校間のデータ転送方法を考えなくてはならなくなりました。
まず考えたのが、あらかじめ利用プロバイダにデータをアップして、学校からダウンロードするという方法も考えられるが、常に参照できる状態にしたいデータ量が多すぎるのと、学校のプロキシがきつすぎてプロバイダのFTPに接続できないので、この方法は却下。

次に考えたのが、学校から自宅のサーバへ接続すること。
しかし、自宅のネットワークはダイヤルアップ式で、必要なときにしか接続しません。
逆に外から電話を掛けて自宅のネットワークへダイヤルアップすることを考えました。
自宅の電話回線はISDNなので、TAからデジタルポートとルータを経由してサーバまでたどり着かなくてはなりません。
わたし独りで住んでいるのなら、何とでもしようがあるのですが、自宅は自営で父親が仕事をしています。母親宛の電話もかかってきます。それらの電話と区別しなくてはなりません。
わざわざ接続用にそのときだけ設定を変えてもらうのは、仕事の邪魔になりますから、外からのダイヤルアップは自動的に行われるようにしなくてはなりません。

まずかかってきた電話番号によってアナログポートとデジタルポートの呼び分けをしようと考えました。
しかし、呼び分けをするにはiナンバーとかいうサービスを契約しないとダメみたいです。
数週間のためにわざわざ契約するのもばからしいので、TAについているポートごとに着信拒否が指定できる機能を使うことにしました。
…うーん、雨が降って駅まで迎えに来て欲しいときはどう連絡したらいいのだろう(苦笑)

次にTAについている識別番号を使う方法。
しかし、これもデジタル回線からの呼び出しでないと機能が使えないとのこと。
携帯電話はデジタル信号を使っているのではないのか?(わざわざ説明書にも「本機はデジタル方式を使用し、アナログ方式とは違い~」って書いてある)
それとも、単に電波がデジタルで、交換機にはアナログで接続されているのだろうか?
どちらにしても、実験してみたところ、携帯電話からの呼び出しは出来なかった。

結局外からダイヤルアップすることは断念した。

一番上が、問題のモバイルラックで、落ち着いたのが、HDDのモバイルラック。
5インチベイに取り付けて、ドライブ部分を取り外せるというもの。
タオエンタープライズというところが代理店なのだが、紙っぺら1枚に代理店独自の型番と「本品は、コンピュータの電源がONのまま着脱できます。」という文と、社名、住所、メールアドレス、ウェブページアドレスが印刷されているだけ。あとは英文マニュアル。
そりゃ、英文読めないことはないけどさぁ、代理店独自の型番書かれたら英文のどれと対応させて読めばいいんだ?
なんとかオプションから製造元の型番はわかったけど。
あと、コンピュータの電源がONのまま着脱できる(ホットスワップ機能)って書いてあるから簡単に出来るのかと思ったら、他社が開発したソフトをダウンロードしてこなくては行けない。1.3メガバイトのファイルぐらいフロッピー一枚つけろよ。それにパスワードはメールで問い合わせろとのこと。
怪しいなー。ひとつだけ登録して全員に同じパスワード教えてるんじゃないの?
おまけにWindows98でしか動かないし!! 俺はWindows2000で使いたいんだぁ~。
あーあ、なーんか、ほんとにコレ、使えるんかいな。

2000年5月20日土曜日

のわっ。
/usr/localの中が一杯になってしまった!!

2000年5月17日水曜日

どこからともなく出てきたネジノートパソコンのキーボードが正しく動作しなくなりました。
分解しようとDVDドライブ、バッテリー、HDDを外して、裏返したところ、中から『シャラシャラ』という音が。
HDDは取り外していたので、思いっきり振ってみる。『シャカシャカ…』
おー、マラカスになってるぅ~って、違ぁーうっ。
で、ぽろっと落ちてきたネジ。キーボードは直らない。
なぜだぁ~、と叫びながらドライバが101/102キーの設定になっているのを発見。
106キーに変更すると、ハードが対応していないという警告を受けながらも直りました。

2000年5月16日火曜日

今日発売の「フロムA(関西版)」で、わたしがアルバイトしているところが、追加募集を行います。
ここの日記の下の方でも紹介しましたが、改めて書きます。
業務内容は、お客様から預かった紙原票を専用端末で入力するというものです。
専用端末といっても、パソコンのキーボードとあまり変わりありません。特殊キーが、データ入力専用になっています。
ブラインドタッチが出来る方は有利ですが、研修期間もありますので、はじめての方でも大丈夫です。
特にカナはキーボードのカナ入力なので(ローマ字入力ではありません)カナ打ちできる人は有利かも。
(わたしは、その昔PC-6001でカナ入力が身に付いてしまったので、すんなりと馴染めました)
現在、勤務地は大阪の千里中央ですが、6月下旬から西中島(新大阪の近く)に移ります。
キーボードの扱いになれていて、大阪の近くでアルバイトを捜している方は、いかが?
あ、そうそう、短期は不可です。一年以上勤務できることが最低条件です。いろいろな種類の原票があるので、一通り慣れてもらわないといけませんから。
詳細・応募はウェブページからでもできます

2000年5月14日日曜日

プレゼント当選~Cマガのプレゼントが当たりました~。
JDK1.0が出た頃にJavaに手を出そうとしたのですが、Cの統合開発環境に慣れてしまっていた私は、コマンドラインでのコンパイラが面倒で(LSI-Cでさえ、簡易統合環境を使用していました)、結局撤退してしまったのですが、今ではいろんな言語で統合環境が出てきましたね。
GNU CにもPC9801を使っていた頃に手を出したのですが、また手を出してみたいなあ。
あと一年で私も学生じゃなくなってしまうので、Microsoftの学生割引が使えなくなってしまいますから、無料開発環境も整えておかないとね。

2000年5月10日水曜日

SOLO9100のHDDの蓋ノートパソコンのハードディスクカバーが割れてしまいました。
届いたときから、立て付けは悪かったのですが、やっぱりすぐに返却した方が良かったのかなあ。

2000年5月9日火曜日

5月2日の日記で書いていたプログラムの公開は終了しました。
トップページとここのページ、それからプログラムのダウンロードについて、アクセスログをとらせていただきました。
まだ審査に入っていないのか、見るまでもなかったのか、対象の会社からのアクセスはなかったのですが。
もしまだご覧になっていないときは、お手数ですがメール下さい。
それと、プログラムをダウンロードした6名の方はパスワードのクラックできましたでしょうか?
まあ、ツールを使えば17秒(P3-600MHz)で見つかってしまったので、あまりパスワードの意味はありませんでしたが。
とても人に見せられるほどきれいなソースじゃないので、見ても勉強にはならないと思います。(汗)

2000年5月4日木曜日

日帰りで三重の榊原温泉に入ってきました。
ええお湯でした。

2000年5月3日水曜日

今日の新入り今日の新入り。
今日、近所の人が粗大ゴミのときにPC-9821Xeを捨てていたので、もらいました。

2000年5月2日火曜日

某社の一次面接に行ってきました。
き、緊張しましたぁ~。
あ、某社(ここで社名を伏せると嫌に思われるのでしょうか?)人事担当様。
本日言っておりました夏コミで発売予定のゲームのプログラムです。
プログラム(リンクは終了)
ただし、発売されるものは、インターフェイスが異なっています。また、これそのものではないにしても発売されるゲームの元になっているということで、パスワードを掛けております。企業秘密と言うほど大したものではないのですが、やはり時間を掛けたものが簡単にマネされると悔しいというか、何というか…。
ご理解、ご了承下さい。

広告